俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● ゾイグラと狩人とたまらんと。

ゾイドグラフィックスVOL.5を買ってきました。
難民化の恐怖に怯えるあまり、発売日買いですよ…。




という訳で、ゾイドグラフィックスVOL.5 ツインホーンです。
b0104292_42697.jpg
買ってはきたものの、例によって組み立てていません^^;
というか、マルダー入手し損ねた時点で、
かなりモチベ下がってますよ!(まだ引きずってるw)
さっき箱を開けてみたら、冊子が凄い勢いでグシャってて凹みました(笑)。
もう少し考えて梱包して頂きたい…。


そして唐突にサーペント。
b0104292_4262720.jpg
今更ながら、無性にサーペントを組んでみたい衝動に駆られて買ってしまいました。
また積みプラ化したらどうしよう…!

発売を楽しみにしていた、モンスターハンター可動狩人が発売されてたのでゲッツォ。
価格帯(880円)から勝手に、フックトイ形式のフィギュア
(ドラゴンボールの超戦士大全とか超龍伝みたいな)のを想像してたんですが、
モーションリヴァイヴシリーズでの発売だったんですね。
まさかブラインド方式とは思わなんだ…!
880円もするのに選べないとかオソロシス!

こんなん出ました。「キリン(女)B」です。
…モンハンというゲームの性質上、特定人物の立体化ではないんですよね(笑)。
b0104292_4271538.jpg
キリン装備は、性能も良く、露出度も高い(笑)という人気装備ですね。
取り敢えず、手堅いところから立体化を…って感じでしょうか。

手にした得物は、「双龍剣【天地】」だそーです。
b0104292_4272439.jpg
かっこいいのですが…
手首の保持力が低くて、持ってるのがやっと…ってのは残念なところです。
ポロリもあるよ!と言わんばかりの勢いで武器を落としまくるので、
あまりハデなアクションポーズができないです。ストレス溜まりマクリスティ!

バックシャン。
b0104292_4273466.jpg
腰のポーチがチャームポイント。
野蛮な中に、妙に少女趣味な所があったりするモンハンのバランス感覚が好きです。

モンハンといえば多様な装備。ってコトで、狩猟笛「ギアノスバルーン」もついてます。
b0104292_4303517.jpg
銀色一色なので、塗り分けてみるのもイイかもしれません。

どれも欲しかったのですが、一番の狙いはレウス装備だったので もう1個購入。
うわっ、またキリン装備だ!(笑)
b0104292_4274982.jpg
こやつは、「キリン(女)C」。肌の色が浅黒くてかっちょいいです。

「メラルーガジェット」を装備してます。
b0104292_4275798.jpg
ガジェットの柄には小さな突起がありまして、
手の平の凹にハメ込むような作りになってるのですが、
悲しいくらいに保持力アップに繋がってません(笑)。
ポロリ常習者ですorz

後ーろ。
b0104292_428647.jpg
キリン装備は剣士もガンナーも共通グラフィックらしいので、
↓のガンナーの武器を持たせても良さそうですね。

アイルーフェイクと小樽爆弾も付属してます。ボマー!
b0104292_4305713.jpg
うん、キモくてステキです(笑)。

流石にキリン装備2個だと悲しいので、もう1個買ってしまってみたりしちゃって。
b0104292_4292685.jpg
「ゲネポス(ガンナー/男)」でした。
くッ…大剣が欲しいのに何故こうも出ない…!(笑)
しかし、コレはコレでイイ感じ。
ガンナー装備は、その左右非対称っぷりが かっこいいんですよね~。

バックショット。
b0104292_4293626.jpg
コートで脚の可動が妨げられてしまうのは、デザイン上 仕方のない部分ですかね。

得物は「テオ=フランマルス」です。
b0104292_4282781.jpg
何かギリギリ持ってる感じ。
本来の構え方もよく知らないんですが、こう抱えでもしないと保持できないです。

何せ このテオ=フランマルス、PVCのカタマリなので結構重たいんですよね。
b0104292_4283845.jpg
でもやはり、長物系の砲はかっこいいですなァ。

どうせならギアノス装備が欲しかったな…なんて思ってたんですが、
このゲネポス装備もかなりかっこいいですね!
b0104292_4284850.jpg
気に入りましたよーぃ!

こやつには、角笛とさすらいの料理ネコ(の入ってる樽)が付属します。
b0104292_4301459.jpg
料理ネコ、暗くて写ってませんが、中には眼も印刷されてます。

キリン、ゲネポスと揃ったので、
こうなったらレウス系の装備も出さねばなるまい…ってんでもう1個購入…。
SANZAI!DORONUMA!
b0104292_429149.jpg
おぉっ、「シルバーソル(剣士/男)」が出ましたよっ!
コレはかっこいい!

後ろから。
b0104292_4295773.jpg
成形色まんまの部分が幾つかあるのが気になりますが、
このボリュームから考えると致し方ないトコロですね。
意外と気になりませんし、OKでしょう。

得物は「鎌威太刀」。
b0104292_4281814.jpg
この野蛮っぷりがステキ。
男性は手首が大きく、鎌威太刀の柄も太めなので、結構ちゃんと保持してくれます。
個人的にはプラで成形して欲しかったですが、これも仕方ないトコロかもしれません。

こちらは「エンシェントブロウ」。
b0104292_4291239.jpg
こちらもまたパワー系装備って感じでイカしてます。
シルバーソルにはゴツい武器が似合いますね。
トップヘビー過ぎて、上手く構えられませんが…(笑)。

ミークーローマンー!(昔のCM風に)
b0104292_4311583.jpg
比較してみました。
大きさもそうですが、構造が想像以上にミクロマンティックでビックリしました。
手の、保持力のなさもミクロマンそっくりです!(笑)
全体としては、200Xミクロマンの関節を一部簡略化したような感じですね。

…ってコトで、取り敢えず4つ購入してみた訳ですが、私的にはかなり満足です。
モンハンの鎧はハッタリの効いたデザインなので、やはり立体映えしますね。
樽爆弾や角笛などのアイテムが付属しているのも、遊びがワイドでイイ感じです。

色替えでラインナップ数を稼いでる感もありますが、
モンハンというゲームの特性を、逆手に取ってますよね。
カラーが違えば、別の装備ですからね。
付属品も含め、バリエーションの豊富さってのは魅力だと思います。
女性ハンターに関しては皆キリン装備な訳ですが、代わりに、
肌の色のバリエーションを再現してくれたのは嬉しいです。

塗装が簡略化されていたり、成形色まんまだったりするところもありますが、
価格を考えれば、妥当じゃないかな~と。

拒絶反応を示す方が多そうな女性ハンターの顔ですが、
コレはコレで、ありかなあと思います。
むしろ、変にカワイイ系に振った造形じゃなくて私的には良かったです。
ガンナー装備の人のような、リアル系に振った造形にしてくれても良かったぐらいかもですね。
無味乾燥な、生気のない顔にも感じますが、
サイズ的に、ガシャフィグから流用するのも容易でしょうし、
どうしても気になる向きは挿げ替えてみるのもイイかと思います。
個人的な話になりますが、私は自分で改造、改良するのが好きなので、
むしろ、コレくらい隙があってくれた方がワクワクしたりもするんですよね。

ただ、この女性ハンター、
ゲーム画面の再現という意味(と個人的な好みw)で言えば、
もっとむっちりな造形にしても良かったかと思います。
もっとも、マスプロ製品なのでニッチな造形よりも、妥当なラインを選択するのは当然ですよね…(笑)。
ただ、男性はゲーム画面寄りな造形をしてるので、
そこらへんのズレを感じないでもない気がしないでもないです。


あとは、手首の保持力さえどうにかしてもらえれば大満足なんですが…
今後の展開に期待ですね!

…しかし、MRSって、こんな仕様だったんですね~。
知ってたら買ってたなあ、響鬼とかも…(笑)。

オマケ。巨大カンタロス(違)と戦うハンター達の図。
b0104292_4312616.jpg
褐色肌の人は踊ってます。サボりです(笑)。

ネット上で散々な評価をされている、「たまらん」ことバンダイの「Q-JOY」。
ヨドバシでも盛大に不良在庫化したらしく、
予定調和的に値下げされていたので保護してきました(笑)。200円なり。
b0104292_4341516.jpg
元ネタは全然知らないのですが、↑と↓のを幾つか購入ー。

「可動はステータスだ」
b0104292_434292.jpg
はいはいワロスワロス(笑)。

構成はこんな感じ。
b0104292_4343949.jpg
フィギュアというよりも、プラモ寄り?
この商品形態も、完成品フィギュアが当たり前な層の評価を下げてるみたいですね。

シャナ。
b0104292_4352418.jpg
このキャラクターに関しては、何かエラい人気があるらしい…
ぐらいの知識はあったのですが(超ザックリ)、今イメージ検索してみたら
元絵よりも かなりガッチリ体型にアレンジされてるみたいですね(笑)。
ただ、頭部も大きめに造形されているので、
個人的には、意外と見れないバランスではないと思います。

可動フィギュアとは言うものの、
スカートが干渉するので あまり大胆なポージングはできません。
ヒジやヒザも、一重関節(?)を単純に
差し込んであるだけなので、90度までしか曲がりません。
b0104292_4353440.jpg
…カタナがひん曲がってますね^^;

続いて吉田一美。わ、わからん…!(笑)
b0104292_4345849.jpg
頭身の違いを再現する狙いもあるのかと思われますが、
アタマだけ小型化しているので、上記シャナよりも違和感が強いです。
首ジョイントも目立ちます。
首の長さをあと1mmくらい短くして、頭をもう少し前にズラせば
かなり改善すると思うのですが…。

また、肩の位置をもちっと下げて なで肩にしてもいいかな…って気がします。
そうすると逆に、腕を動かしたときに
変な感じになりそうなので難しいところではあります。
b0104292_435840.jpg
ただ、↑の写真を見ると判りますが、この一重関節の場合、
怒り肩気味の方が腕を上げたポーズは決まり易いんですよね。
何でかって言うと、人って腕を動かすとき、肩ごと動かすからでごじゃります。

…そもそも、水着のフィギュアが
可動して嬉しいか、って言われると難しい話ですよね(笑)。
卑猥なポーズ取らせるぐらいしか思い付きません!(違)

こちらは らきすた 高良みゆき。
b0104292_4355794.jpg
元絵とは全然違うバランスですが、頑張った方じゃないでしょーか。
というか元絵に忠実に立体化すると、可動フィギュアとしては成立しそうにない気もします(笑)。
らきすた自体が かなりディフォルメのキツい絵柄なので、
コレぐらいのプロポーションでも結構見れると思います。
流石に第1弾のハルヒ、第2弾のシャナ/ななついろに比べると、
かなり進化していますね。
首がBJ方式になったのも良いです。

メガネはPVC製の前髪と一体成形で、瓶底になっちゃってるのが惜しいです。
b0104292_4361511.jpg
顔が平坦過ぎな気もしますが、
これは元デザインの特徴って気もするので何とも言えないですね~。
平坦に感じるのは、顔の半分以上を占めている大きな瞳が、印刷だからってのもあるかもですね。

後ろ。
b0104292_4362734.jpg
脚のラインの取り方なんかも、造形ブツとしては面白いと思うんですがねー。

「アギトは俺一人でいい…(意味不明)」
b0104292_4363643.jpg
コレくらいは動いてくれますが、
可動のためとはいえ、前方が激しくエグれたフトモモは好きくないです。

柊つかさ。
b0104292_437454.jpg
指差しハンドって楽しいですよね。
交換用ハンドもつけてくれると遊びがワイドなんですがががー。

ボンボンが付属してます。
b0104292_4371692.jpg
手と丸々付け替える方式です。

意味もなく飛んでもらいました。
b0104292_4373166.jpg
造形バランス的には結構 好みです。

ミクロさんたちと比較。b0104292_4374235.jpg
実は微妙にデカいです(笑)。

ということで、Q-JOY総評です。
まず、原作を知らないので、似てる似てないの評価はできません^^;
話では、あまり似てないそうですね(笑)。
しかし、ハルヒにシャナ、らきすた と狙い過ぎなくらい狙い過ぎなチョイスで、
ココまで失敗する例ってのも珍しいんじゃないでしょうか(笑)。

発売時期やラインナップから想像するに
フロイラインリボルテックやfigmaをメタに据えているのだとは思いますが、
価格の違い(Q-JOY約800円、リボ風呂約2200円、figma約2500円)を
考慮に入れても、厳しいと言わざるを得ないですねーコレは。
個人的には嫌いじゃないですが、
「まあイイんじゃないかなあ、クリアランスでもされてなきゃ買わないけど…」ぐらいのレベルです…(笑)。


手に取って見て思ったのは、コレ、可動フィギュアよりも、
実はドールに近いんじゃないかってコトです。
関節の割り方、ラインの取り方なんかが、かなりドールっぽい。
ボディラインを優先して、腹部の可動を
斬り捨ててるところなんかも、ドールっぽい発想ですね。

可動範囲はあまり広くないものの、
ラインを崩し難い一重関節を採用してるのもドールライク。
変に二重関節を仕込むよりかは良かったりもするんで、
この単純な関節構造自体は嫌いではないです。
ただ、無理して首にまで使うコトはなかったと思いますね。
折角、新規に作ったウリの関節ですから、
何が何でも使おうってなるのも判るんですが、
手段と目的が入れ替わってる感があります。
バンダイもそれに気付いたようで、第3弾のらきすたでは首がBJ式になってました。
また、足首もBJの方が
接地はし易いっぽいです(保持力を取るか接地性を取るかってところですね)。

あと、パッケージ写真がヒドいス^^;
私ぐらいになると、美少女+剥き出しのBJ関節なんかにも
萌えれるようになるんですが(病気)、
グロい関節ドアップの、アマチュア臭いフィギュアを大写しってのは、
メインターゲットであろう にわかオタク~ライトユーザー層には
受けが悪いんじゃないかなあ…と。
ポージングも もうちょっと気をつけてあげれば、だいぶ違うと思うんですけどねえ。
写真を撮影する場に、思い入れのある人間が一人もいなかったのか、っていう…(笑)。
高良みゆき氏なんて、立ち方、ちょっと刃牙入ってますからね…!

散々、ネット上での悪評を聞いていたせいで、過剰に警戒していたのですが(笑)、
思ったよりもヒドくないんじゃね?という感じです。
私個人としては、割と肯定的な感想を抱きましたね。
ただ、200円で入手できたから言える…ってのも否めません。
コレが800円OVERとなると、やはり厳しいとは思います。
それに、元ネタの作品自体に対する思い入れがないから言えるってのもありそうです。
なので、その作品のアイテムは全部集める!といった方や
私みたいな変態でなければ、
結局、フロイラインリボルテックでも買った方が遥かにイイと思います(笑)。

というかぶっちゃけ、デキが良かろうが悪かろうが、
200円で関節パーツが入手できればイイやぐらいのつもりで買いました(笑)。
いやあ、関節パーツが沢山ついているので、
PVCフィギュアの可動化改造用パーツ取り要員として見ると
実はコストパフォーマンス結構イイです(悲しい考え方w)。

…と、いうことで、あえて肯定的なレビューをしてみました。
天邪鬼なので(笑)。
[PR]

by wnpz | 2008-05-29 23:59 | 玩具全般
<< 覚書 ダイオウ産卵確認 >>