俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●検索
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● あぁ衝動買い(第二弾)

例のスーパーのセールで、またムダ遣いしちゃいました。




b0104292_1392530.jpg
うわあぁぁ、この人またBB戦士買ってるし。引くわ(俯瞰視)。

だってよー、精太(相変わらず凄い名前)が安くなってたんだよもんさー(笑)。
ついでに黒龍頑駄無まで買っちゃう体たらくですよ!
コイツ全然武者じゃねえ!でも好き!

あまつさえビーダマンまで買ってるあたり、多趣味全開ですよ!
b0104292_1442676.jpg
モットーは広く深くです。

いやー、実はビーダマンは初代の頃から大好きでして、
その中でも入手の容易さ、洗練されたシステムなどから、
ビーダマンゼロ(及びゼロ2)が好きなんですよねー。
素体にパーツを着せ付ける、というシステムが個人的に萌え~。

何故ゼロが入手容易か、と言いますと、
定価自体が元々安めなのもありますが、比較的古い商品であるため、
店頭在庫がそこそこありつつ、値引き処分がされているからです(笑)。
逆に言うと、今を逃すと今後入手の機会は激減していくとも言えそうですね。

ラインナップも豊富で、カスタムパーツが多数発売されているのも良い点です。
(カートリッジシステムとか悲しかったですよーw)

従来のビーダマンシリーズよりも一層、若年を意識した商品のようで、
組み立ても比較的簡単になっています。
素体という概念も組み立ての簡略化に一役買っているのですが、
システマチックである一方、画一的な感も否めません。
独創的なシステムの組み込みが難しく、結果、「どのビーダマンを買っても、
外装意外あまり変わり映えしない」という弊害もあったりするんですよね~。
(外装付け替えによるドレスアップも、ゼロの萌えファクターのひとつではありますが)

また、安全性の問題などもあって、キモであるビーダマの発射威力が
年々低下しているのもちょっと寂しいですねー。

…確かに昔のビーダマン、ビーダマ直撃すると結構痛かったりして
ソレはソレで問題アリアリだったのですが(笑)。


そーいえば「実はビーダマンも好き」というお話、
何気なく記事に書くのは初めてでしたでしょーかね?
むかーしの日記などにはビーダマンの話題もちらほら出ているので、
HTML化や添削作業が終わり次第、
未公開の日記も上げていきたいと思いますよー。
それ以前に日記ちゃんと書けとか禁句な。

と、兎も角、できる限り頑張りたいと思います(笑)。
まぁ、下手の横好きってヤツなので、
マトモなビーダマンなんてひとつも完成してはいないんですけどね^^;
自分専用マッスィーンも完成させたいなー、とか夢だけはあるんですが~。



だが積む(超ダメ)。
[PR]

by wnpz | 2006-09-12 23:59 | 玩具全般
<< スキンを変えてみた。 玩具サイトらしいことをたまには... >>