俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● LBゴジュラスレビュー&ちょっとしたカスタマイズごっこ

いやー、今日(10/7)のメビウスは面白かったですねー。
総集編的な回ではありますが、ただの総集編にしないあたりが素敵でした。
SEEDには是非とも見習ってもらいたい(←もう終わってますけどw)。

デリカシーの欠片もない男なのでネタバレを気にせず書いちゃいますが、
ああいった形でも、愛しのゼットンが登場してくれたのは嬉しいですね。
お互いマケットとはいえ、グドンを一撃で粉砕するゼットンに勃起しました。
やっぱりゼットンは強くあって欲しいですから!
帰マンのゼットンみたいだったら…じゃないですかー(笑)。

メビウス、ミクラス、ウィンダムの3人で協力して勝ったことも、
初代マン(及び初代ファン)への配慮があって好感がもてました。
帰マンのような勝ち方(ドラゴンボール式)だと、
「あれー、初代マンってジャックよりも弱いのかな~?」って、
単純に感じてしまいますものね。

また、今回のマケットゼットンはマンと戦ったゼットンの完全コピーだそうですが、
「計測データから再生されたものであったため、
実際はオリジナルのゼットンよりも劣る戦闘能力でしかなかった云々…」とか、
後から幾らでも改変できる余地があるのも流石だなあ、
なんてゲスの勘繰り的リスペクトをしてみたりも(笑)。

マケットメビウスがゼットンにやられるあたりの描写も、
初代マン最終回を彷彿とさせる演出でグーですた。

しかし相変わらず、上司がコメディリリーフだとはいえ、
あんな態度を取る部下たちはどうかと思った(笑)。
まあ、イレギュラーな隊員ばかりだしなあ。


…と、いうワケで、何故か突然、思い出したかのように
LBゴジュラスレビューをしたいと思います(前振り無関係過ぎ)。

思い出したかのようにっていうか実際忘れてたんですけどね!




以前に撮影した画像が幾つか発掘されたので、適当に紹介してみます。
b0104292_2513889.jpg
太古の地層から発見された休眠状態のゾイドコアを用い、
ダイナス帝国によって生み出された戦闘機獣。
それがゴジュラス―LB(レジェンド・ブロックス)ゴジュラスである。

新造された機体は形こそゴジュラスを模したものであるが、
この時代の標準に合わせ幾分小型化されている。
これにより、本家ゴジュラス由来の頑健さ、破壊力を継承しつつ、
同時に高い運動性能の獲得にも成功している。

また、機体構造自体もネオブロックスシステムに改められており、
他の戦闘機獣との合体、組み替え(チェンジマイズ)も可能である。
この技術は後に、「G2レックス」と呼ばれる
恐るべきチェンジマイズゾイドへと応用、昇華されている。

…ってな感じでLBゴジュラス、かなりイイです。
コレは私が初めて購入したネオブロなんですが、
初っ端から完成度が高いので、やってくれるなトミー!と思いました。
b0104292_2515162.jpg
全体のバランスからすると、ちょっと腕が貧弱で長過ぎる感じもするんですが、
カラーリングのせい(腕が黒い)もあるかもしれません。
そもそも、本家ゴジュの腕が短か過ぎるんですよねー(笑)。

咆哮するゴジュラス!
b0104292_2521848.jpg
前傾気味な姿勢をとれるのも、大きなセールスポイントですね!
ゴジュラスモンスーンから始まり、アニメ版でのかっちょいい前傾ゴジュラス、
そしてゴジュギガで完成を見たイカす前傾姿勢の系譜な訳ですが、
やはり(LBとはいえ)初代ゴジュラスで再現できるのは嬉しいです。

ところで、何だか見覚えのあるのロングレンジキャノンの形から、
思わずLBシールドライガーMk-II発売を期待してしまったのはボクだけでしょうか?(笑)

ゴジュラスの中の人!
b0104292_2524582.jpg
メンテナンス中、なんて遊びができて楽しいです。
…バランス悪くてキモいですが(笑)。

コックピット。
b0104292_2525777.jpg
シャープな新造型パイロット!
何より金メッキなのが嬉しいというか懐かしいというか、泣けてきます。
やー、クリアのキャノピーにメッキのパイロットは、やはり映えますね~!

いつぞや、何となく作ってみた大艦巨砲主義的な漢らしいヤツ(笑)。
b0104292_015839.jpg
こういう、ステレオタイプかつ吹っ切れたヤツもなかなか好きです。
放射状に伸びるシルエットが結構いいかなー、なんて。

b0104292_0151916.jpg
横から見ると、何かもう意味判らないですね。

まあ、せいぜいコレぐらいが妥当なとこでしょうか。
b0104292_0152784.jpg
対アイアンコングMk-IIを念頭に、
機動力の強化を図った空挺仕様、みたいな。

b0104292_0153661.jpg
白兵戦仕様。貧弱な腕部装甲を補い、
格闘戦におけるリーチの優位を確保する為、装甲一体型長剣を装備。
だが、実戦における有用性は、あまり高くなかったと記録されている。みたいな。
ゴジュラスにソード系装備は一見、アンバランスに思えますが、
ボクは意外とアリかなー、なんて思っちゃいました。

実際のところ、
b0104292_0161371.jpg
コレくらいのマイナーチェンジ的パワーアップも燃えるものがありますよね~。
[PR]

by wnpz | 2006-10-08 03:40 | 玩具全般
<< ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟 タグ導入試験CHU! >>