俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● ダラダラオフのダラダラオフレポ 無関係編

…本当は前後編で完結する予定だったんですが、
無駄に膨らみ過ぎまして…ってな訳で後編の後編です(矛盾)。
前記事よりも一層ニクルと関係無い個人的感想を
おヒマなら見てよネ!的にお送りする的な感じみたいな感じで!






●「武装神姫BM特別版を何故買わなかったのか?」という反省会を無者さんと開催。
 「買わずに後悔するより買って後悔」がセオリーとはいえ…
 元が高額だったから躊躇しちゃったんですよね~。
●でも今や2倍の値段だもんなあオークションだと…^^;
 でもでも、やっぱり欲しいっスよね~アーンヴァルMk.2とストラーフMk.2!
●…とか言ってたら、再販予約が始まりましたよ無者さん!
 ただ予測通り、白黒反転のリペ版でしたよ無者さん!ぐぎぎ!(笑)

●QBリボルテックのM字開脚できるゆえのジレンマの話。
 リボ球を用いた関節って構造上ロール軸(×2箇所)を兼ねる訳ですが、
 QBリボはフトモモにもロールがあるので、ややこしいんですよね、動かすの。
 股関節も独特の構造ですし、小型リボ球メインで構成されてますし~…。
●あと今回もまた、無者さんが親の敵かっていう勢いでリボ球をDISってました(笑)。
 本末転倒っていうか根底を揺るがす問題なんですが、
 実際、リボ球のせいで扱い難いシロモノになっちゃってるのは事実で…^^;
 ホント、リボルテックのコンセプト、心意気は買ってるんですよ僕…。

●CTRさんの話を聞いていたら急激にNERFが欲しくなる。
 サバゲほどシビアじゃない、カジュアルプレイで遊べるってのは魅力ですねーNERF。
 SFトイガンなデザインもイイですし、値段も手頃ですしー。
 ついついマーヴェリックあたり買っちゃいそうで怖いなあ…(笑)。

●ゼオライマー完全版、後半は絵柄が全然違うし、
 エロ要素が皆無になるどころか足枷になってるという話。
●ゼオライマーの原作って永らく未完になっていたんですが、
 連載から20年以上経ってから、完結編が書き下ろされたんですよね。
 だもんで、80年代全開な絵柄が突如、洗練された描線に変化するんですよー。
 個人的には80年代な絵柄もグっとくるんですがー。
●また、もともとの掲載誌がレモンピープルだったので当初はエロス設定満載なんですが、
 完結編では凄いサラっとしか触れないんですよね、そこに…(笑)。
 ゼオライマー完全版については単独で記事を書こうかとも思っていたのですけどねー、
 例によって先延ばしにしちゃって今に至ります…^^;


●会話の中で、自分の年齢が咄嗟に出てこないという悲しい現実に直面する。
 誕生日自体は毎年楽しみにしてるんですけど、
 どうにも年齢を忘れちゃうんですよね最近^^;
 だって…成長もせずに歳だけ重ねるのは…辛いんですもの…!(笑)
 実際は、学生時代と違って学年が上がるとか大きな変化がある訳じゃないから忘れちゃうってとこもあるんスけど…。
 単純に、脳の機能が衰えてるからってのが主要因なのが切ないです…!


●MGクラスのプラモになると、組み立てすら辛いという話。
 昔に比べてパーツ精度は高いし
 接着もいらないしで確実に組み易くはなってるハズなんですけどねー、
 精密化が進んだ結果フツーに数百パーツとかなんで、
 モナカキットよりも、組み立てに要する時間はアップしてますよね実は…
 …んまあ、贅沢な悩みではあるのですが~!(笑) 

●無者さんの遊戯王はふしぎ遊戯の続編という説。
 路線変更し過ぎっていうね!(笑)
●余談ですが、アニメふしぎ遊戯のOPとED、どっちもやたらカッコ良かったですよねー。
 だって、ときめきの導火線にいたってはニャーオっスよ、ニャーオ(笑)。

●混淆世界ボルドーの話。
 僕ァ、ボルドーの話題がニクルオフで出るとは思いませんでしたョー。
●ジャパニーズマンガ的でありながらもアメコミ風というか劇画チックというか、
 はたまたバンドデシネ風というかな絵柄(どれなんだw)が印象的な名作なんですが、
 これ、全力で完結しなさそうなんですよねえ^^;
●ボルドーは掲載誌がサイバーコミックスというアンソロ誌でしたし何より未完なので、
 世代的にドンピシャでもない限り ご存知ない方も多いかもですねー。
●作者の市川センセ、今は玩具デザイン(TFなど)の仕事をメインに活躍されてまして、
 玩具好き(特にタカトミ方面)の人には結構有名だったりもするんですが、
 これも基本的には名前が表に出る仕事ではないですし~。
 タカラ系玩具やアメトイ、アメコミに造詣が深い方のようで、それが現在のお仕事に繋がっているんでしょうなあ。
●センセ、平成ミクロ(マグネパワーズや200X系)にも携わってらっしゃったんで、
 個人的にもソンケーしまくってるんですけれども…
 …語り出すと長くなりそうなのでまたいずれ…(笑)。
●サイバーコミックスに関しても妙に思い入れというか思う所があって、
 コレもいつか記事にできたらなあ、とか思ったり思わなかったりします。

●マシソョさんとVガントークとかけいおんトークで盛り上がる。
 いいですよねー、Vガン!
 「母さんです…」とかシャクティが種を植え続けるシーンとか…(笑)。
 ボク、割とマジメにVガンという作品が好きなんですけど、
 いざ話すとなると、どうしたって黒富野全開な展開や奇矯な演出の話題にならざるをえませんよねぇ!(笑)
 何と言いますか、富野監督のガンダムへの愛憎入り混じった感情がエラいコトになってるじゃないですか。
 シュラク隊の無駄死に感とかネネカ隊の作戦とか凄いですよね…(笑)。

●そしてこの、僕たち以外、誰もけいおん観てない的なアウェー感…!
 くっそー、紫陽さん、はやくきてくれーーっっ!(笑)

●スポーンとは何だったのか?という話。
 スポーンって言うと、懐かしの「激レア!激ヤバ!即ゲット!」てな感じの
 空虚なワードが思い浮かびますが(笑)、オサレ系サブカルな方向で
 消費されちゃったのは勿体なかったなァ…と思うんですよね~未だに。
●今ではコアなファン以外は見向きもしない感じですけれども、
 ソレはソレでイイと思うんですよね。
 「レアだから買う」から、「イイモノだから、自分が欲しいから買う」という
 ある種当たり前な、健全な状態になったとも言えますからね。
●今改めて振り返ってみると、収集趣味であるにも関わらず、
 「我」の無い、非常にコダワリの無いムーブメントだった気がします。
 同時期のエヴァブームも似た感じはありましたよね。オサレ系サブカル業界がブームを煽った点ですとか。
 それでも、一過性のオサレアイテムとして消費されなかった(オタク界隈側のコアなファンが結構残った)のが
 エヴァだったのかもしれませんね…とか今思い付いた戯言です(笑)。


●今回もまた、ウルトラマンに対する思い…というかグチを吐露するという…。
 シラフなのにクダ巻いてすみません…(笑)。
 いやあ、大怪獣バトル~銀河伝説路線はもうイイと思うんスよね個人的に…。
●世代的なものか、どうしても昭和ウルトラに肩入れしがちな私ではあるんですが、
 それを差し引いても一連のシリーズは、
 舞台(超遠方)と年代設定(超未来)のせいで感情移入しにくいんですよね。
 銀河伝説に至っては人間との絡みが極端に少ないので、
 ウルトラマン物語や内山マンガのような、
 どこか遠い世界の話関係のない話というふうに感じられちゃって…。
 もっとも、銀河伝説は明らかに内山マンガを意識して作られているので、狙い通りの面もあるんだと思いますがー。
●また、メビウスが一年かけて描いた成長物語を
 ゼロは1時間半でこなさないといけないので(笑)、
 ひたすらにベリアルが、そしてそれ以上にゼロが「強い」…と言うより、
 兄弟みんなが「弱く」見えちゃうんですよね~。
 新主人公ゼロ(と新悪役ベリアル)のデビュー映画ですから、
 ゼロが活躍しないと~ってのは分かるんですよ。
●とは言え、もっと上手い描き方があったんじゃないかなあ、と思わずには…。
 (特別出演的なグレートたちは兎も角)兄弟を
 あんな損な役回りにすることはないと思うんですよね~。
 ここに来て今更、昭和ウルトラの悪しき部分を
 踏襲することはないんじゃないのかな…と言いますか…。
●昭和と言えば…過去作へのリスペクトが多いのもメビウス以降の作品の魅力な訳ですが、
 銀河伝説では昭和ファン向けのサービスが「鼻に付く」と言いますか、
 サービスが行き過ぎて、もう自己満足のオナニーになりつつある気もするんですよねぇ。
 ニュアンス、感覚の話なので言葉で説明し難いんですけど…。
 リスペクトと言うより、「昭和要素出しとけば喜ぶんでしょ?」的なモノが透けて見えると言いますか…
 銀河伝説っていう映画自体、「内山マンガから引用するとか深いでしょ?
 ゴモラVSザラガスとかマニアックでしょ?画作りも斬新でしょ?」みたいな感が…。

●仕方のない面もあるんでしょうけど、安易な話題作りに走った感も否めませんし、
 出来損ないの香港映画みたいなワイヤーアクションも
 ボク的には「違う」んじゃないのかなあt…ああいかんッ!またグチがッ!
●あっ、これだけクダ巻いといてアレですが、
 自分の中で相対的に評価が低めというだけで、嫌いって訳じゃないんですよ銀河伝説!
 100点満点でメビウス本編&劇場版が140点、超ウルトラ8兄弟が90点、銀河伝説が69点くらいって感じです。
●坊主憎けりゃ何とかで、ハナから否定的、悪意的に考えちゃってる自覚もありますし…^^;
●…しかし、ニクル記事でウルトラマンについて熱く語るのはどうなんですかね!?
 なかなか機会もないので…(笑)。

●百花繚乱 SAMURAI GIRLSの墨演出が秀逸という話。
 ボクはノーチェックだったんですけども、
 もしかしてニクラー的にはマストなんですかサムライガールズ!?(笑)
 サムライガールズというのは、クイーンズブレイドの成功で味を占めた(笑)ホビージャパンが、
 40周年記念として展開している立体フィギュア主導のメディアミックス企画です。
 お色気路線もしっかりと引き継いでますよ!やったぜ!(?)

●この、(自主)規制を逆手にとった演出ってイイですよね。
 湯気や光で何見てるのかわかんねえよ!みたいなアニメとか結構ありますけれど、
 それに比べるとこう、和風(?)な世界観にもマッチしてますし、
 スマートで洒落が利いてる感じがしますよね。
 「温泉で湯気」みたいに場面が合致していればまだイイんですが、何でこの場面でこんなガスってんだよ!とか、
 もはやレーザービームじゃねえか!みたいな謎の光とか、どうも釈然としませんからね!(笑)

●様式美化しつつある気もするんですが…悪しき文化だよなあとも思うんですよ。
 この、「テレビ放送では規制かけまくり→DVD/Blu-rayでは乳首解禁!」っていうの、
 最早ひとつのビジネスモデルになっちゃってるじゃないですか(笑)。
●チラリズムだとか見えないエロスが存在するのも厳然たる事実ではあるんですよ…
 あるんですが…とはいえ、おっぱい見たいか?って言われたら
 見たい!ってのもある種当然じゃないですか…!(切実)
 そこに付け込んだ(?)、非道な商法だと思うんですよねえコレ(笑)。
 しかしどういった訳か人類には、はっきり見えたら見えたである種のがっかり感と言いますか、
 逆にありがたみがない、みたいな不思議な感覚がありますよね。アレ、何なんでしょうね?(笑)

●個人的には、変な消し方するくらいだったら
 最初から描かないか画面上のモノで隠せよ!とか思っちゃったりもするんですが、
 前述の通り、DVDで解禁!っていうのが当然のようになっちゃってるんで、
 ソレも望めないのが深夜アニメの業ですねえ。
●余談ですが、そういった意味では、
 エヴァのビール缶で股間を隠す一連のギャグ、秀逸ですよね(笑)。

●おっぱいで思い出したんですが(最低な連想)、最近のオフ会では毎回、
 無者さんと貧乳派か巨乳派かでモメてる(←おっぱいだけに!)気が…!
 …いや、揉めてはいないですけれども…(笑)。
●でも よくよく考えたらコレ、永遠に決着の付かない話題なんじゃないかなって…
 美味しんぼで言うところの、究極対至高みたいなモノなんだと思うんですよ…(笑)。
 そう、おっぱいに大小はあっても、貴賎はないんですよ…!(男前な顔で)
 実際、私は博愛主義者なんで(?)おっぱいはあまねく好きなんですけどね…!

●やはり、ガンダムの話題はミョーに盛り上がりやすいなあ、という話(笑)。
 マニアックな世界に生きていると、
 多かれ少なかれ基礎知識的にガンダムって知ってたりしますし、
 何せ四半世紀以上も続いているモノなので それぞれの「原体験ガンダム」があったり
 「ガンダムかくあるべし」という思い入れがあったりしますからね~。
●私はどの作品も、どのMSも好きっていう適当なヤツなんで
 割とのほほんと聞いていたんですが(笑)、
 そんなんでも、やっぱり妙はこだわりがあったりしますもんねえ。
●ガンダムは物語面やデザイン面、或いは設定面と、
 様々な切り口から盛り上がれるのもイイ点かもしれませんね。
●そしてニナさんの不動の不人気さ。これは意見が割れないのか…!(笑)
 ガンダム世界(宇宙世紀)で悪女(と言うか「イヤな女性」)として
 名前が挙がるキャラって結構いますが、大体、何らかのフォローが可能なんですよね。
 例えば、シーマ様は生きる為に必死な現実主義者だっただけとも言えますし、
 ベルトーチカは「女」を有効活用してるってだけで男を弄ぶ悪人という訳でもないですし。
 クェスはただ少女(子供)だっただけ、ハマーン様もある意味ではシャアの「被害者」と言えますし…。
 個人的には、(救いようがないくらい狂っていますがw)カテジナさんも悪女というよりかは
 魅力的で、ある種 可哀想な、凡人クロノクルともども愛すべきキャラクターだと思うんですよね。
 シャクティも良かれと思った行動がことごとく裏目に出るだけで根本は純粋ですし…(笑)。

 でも、ニナさんの場合、監督交代の煽りを受けて描写がおかしくなっちゃってる
 (行動がチグハグに見える)せいもあって、フォローしにくいんですよねー(笑)。
 なので厳密には、ニナさんが悪いというよりも脚本、演出が悪いんですけれども…。
●ニナさんも後に描写不足を(小説なんかで)補完(と言うか後付け)されているので、
 それを鑑みると好意的に受け取ることもできない…こともない…かもです…?
●まァ突き詰めて考えていくと、ガンダムって勧善懲悪タイプのアニメではないんで、
 完璧な善人自体そう出てこないんですけどね(笑)。
●…しかし、ニクル記事でガンダムについて熱く語るのはどうなんですかね!?
 なかなか機会もないので…(デジャヴ)。

●気付いたらオフレポ担当になっていた件。
 二週間という期限を切られるも、今回も余裕でブッチ切る…それが俺のジャスティス学園



…てな具合で、今回もまた楽しい楽しいオフ会でありましたッ!

今回、割と真面目…えーっと少なくとも前編はマジメに(笑)
レポってみた訳なのですけれども、それでも網羅できていないというね!

やー、こういった まったりオフは、全国オフとはまた違った盛り沢山さと言いますか、
ラフな集まり独特の濃密さ、情報量の多さがあるもので、
ある意味では、ニク魂よりも一層ディープに、
ニクラーさんの「人となり」が見えるイベントって気がするんですよね。
だもんで、オフレポとして纏めてみるとニクル以外の部分がメインになりがちですね(笑)。

1次会、2次会ともに、全体的に玩具、アニメ、特撮トークといった感じで、
例によって(?)ニクルやLEGOそのものの会話は少なめでした。
これでいいのかっ!?(笑)
ただ、ニクラーだからこそ逆に、今更ニクルの何を語る?って部分もあると思うんですよね。
そうそう…個人的な話になりますが、今回 割とゾイドやミクロマン、
TFなどについてもお話できて、少しサティスファクションしましたっ!(笑)
また、無電源ゲームや特撮など、ボクが疎いテーマの話題が色々と聞けて楽しかったです!
興味もありますし大好きなんですけど、詳しくはないんですよね~。
無電源ゲームに関しては世代がかすってないですし(それこそファミコン世代なもんで…)、
特撮に関しては(一通りかじっているハズなんですが)戦隊関係が何故かすぐ出てこなくて…。
「バルジオンさえあれば!って何でしたっけ?」と聞いたら即座に
「バイオマンのシルバですね」と返答が返ってきて心強かったです(笑)。


…さて、前述の通り、気づいたらオフレポを押し付けられていたんですが(表現悪)、
いやぁ、今回も画像がないからオフレポできませんよォ!
まァ、画像提供してくれるなら書かないこともないですぜ…?げへへ…って
言ったら(←こうは言ってないですけどw)本当に提供していただけちゃって、
何だか墓穴を掘った感で胸いっぱいです!
く…画像提供までしてもらったら、オフレポ回避できないじゃないですか…!!
ま、まあ…Blog更新の機会になったしイイか…(笑)。
オフレポを掲載する場所ですしココ…(笑)。

で、ここから下は純然たる言い訳なんですけど(←毅然とした態度で)
このオフレポ群、オフ会翌日から書き始めはしたのですが、
天性の文才の無さに加え、エキブロ側の不具合で記事が吹っ飛んだり
何か色々とやらにゃならんコトに追われたり
個人的にずっと温めていた脳内妄想をメモに書き記すのに夢中になったり(えっ)
SDガンダムの俺設定を考えてたらノってきちゃってそっちに注力したり(待て)
数日前ようやっとMHP3rd入手して当然の如く浮気したり(おいこら)
360持ってないのにバーチャロンフォース通常版&限定版を
買ってしまって途方に暮れたり(何してんだ)なんだりで…
途中、IMEのユーザー辞書がシボンヌしやがってくれたのもダメージ大きかったなァ…。
何気なく当然のように使ってた語句…「ニクル」とかが変換で出ない訳ですよ…ストレスがマッハですよ!(笑)
ニクルにしろゾイドにしろ昆虫関係にしろ、オタク趣味は一般的じゃない言葉ばっかりで困っちゃいますね…^^;

…とまあ、そういった訳(?)で纏める時間が取れなくてですね~、
結局、二週間どころか二ヶ月以上かかったという笑えない話になっちゃいました…orz
オフ会十日後くらいには基本的な部分は書けてたんだけどなあ…
おっかしいなあ、気が付いたらもう師走が終わりつつありますよ…^^;
すぐさま写真を送ってくださった無者さんには、申し訳ない感じ全開です…。
な、何とか2010年中に書き上げられて良かった…せめてもの救いと言いますか…(笑)。



…ってな感じで以上、超時間差オフレポもどきでござりんしたっ。

最後になりましたが、参加者の皆さん、お疲れ様でした!
私のワガママのせいで、日程がハードコア極まりない感じになっちゃって申し訳ないです!
そして無者さん、会場の手配から何からいつもありがとうございます!
今回、わざわざお誘いくださって&遊んでくださってありがとうございました!

では、オフレポ上げるのに二ヶ月以上かかる体たらくの私ですが、
皆さん、今後とも見捨てないでやってくださいッ!(笑)
[PR]

by wnpz | 2010-12-26 14:41 | 玩具全般
<< 携帯電話が壊れたという話 ダラダラオフのダラダラオフレポ... >>