俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● リボルテック レイナ レビュー

ネオ・リボルテック クイーンズブレイドNo.001レイナを適当にレッヴューンしてみます。




という訳でレイナちんですよ!
b0104292_1844922.jpg
原型製作は大嶋優木センセです。

セット内容。
b0104292_1853696.jpg
ディスプレイベースや武器持ち用手首など、基本的な部分はしっかり押さえてあります。
各パーツの詳細については後ほど紹介いたしますね。

フロイラインと比較。あっ、榎木ともひで&大嶋優木のeyewaterコンビだ!(笑)
b0104292_18523333.jpg
ご覧の通り、レイナ、頭一個分くらい小さいです。
シルエット優先で一軸可動が多用されているフロイラインに対して、
QBシリーズは関節の多くがリボジョイントになっているのが判ると思います。

名作、メガトロン様とも並べてみました。
b0104292_18524394.jpg
サイズは むしろ、普通のリボルテックに近い感じです(頭身は全然違いますが)。

レイナ in action!!
b0104292_18565594.jpg
メタリック塗装がキレイですね~。
でもそんなコトよりおっぱいですよ!(最低)

いやしかし、胴体を横から見た時に、素肌が見えまくりってのは、
レイナのデザイン上の魅力だと思います。

ベースにはリボジョイントが搭載されているので、様々なポーズで飾ることができます。
b0104292_18451598.jpg
しかし このベース、楽しいのですが、結構バランス取るのがムズいなあ、と。

レイナ本体の重量を支えきれてない印象もありますし…。
b0104292_18435261.jpg
なので、様々なポーズで写真を撮ってません。申し訳ない^^;

露出度ばかりに目がいきがちですが、よくよく見てみると、
b0104292_18442666.jpg
ぐるぐる巻かれた革のベルト?も含めて、
存外 理に適ったデザインのような気がしてきました。
防御を司る左側に腕鎧を装備、右腕と急所である首には
ダメージを軽減し、しかし動きを妨げ難い革のベルトを装備して…。
見た目の面白さ、セクスィさ、実用性を兼ね備えた良いデザインです。
勿論、フィクションレベルでの話ではありますけどね(笑)。

鞘にはソードを納刀、抜刀(納剣?抜剣?)することもできます。
b0104292_18571537.jpg
剣の鞘にも可動軸があって、邪魔になり難いようになっています。

なので、こんなポーズも取れちゃいますぞえ。
b0104292_18572785.jpg
うん、かっこいい。

後ろ。
b0104292_1845350.jpg
背中に開いたリボ穴で、ディスプレイベースに接続する方式です。
未接続状態では穴ボコができちゃう訳なんですが、
C字のアームで引っ掛けるタイプよりも確実性があるので、私はこっちのが好きですね。

…しかしケツ丸出しって、凄いファッションですな(笑)。イカすぜ!

おっぱいがこぼれるよ!
b0104292_18441726.jpg
誰か助けてあげて!(意味不明)

顔は元絵と比べると まあ似てないんですが(笑)、
何とも言えない魅力があって、個人的には嫌いじゃないです。
スルメ造形?

前掛け部分にも可動があって、アクション時に干渉し難くなっています。
b0104292_18452444.jpg
膝立ちポーズが決まると嬉しいんですよねー(笑)。

壊れた胸当ても付属。
b0104292_1850774.jpg
こちらの前掛けには可動がありません。

M(負け)モード
b0104292_18514999.jpg
表情と胸当てを交換することで再現します。
ちなみに、デフォルト状態はS(攻め)モードと言います。

くっだらねえ!(褒めてますw)

以下 負けモード画像…
b0104292_18482143.jpg
b0104292_1846197.jpg
b0104292_18454314.jpg
b0104292_18455553.jpg
b0104292_18472129.jpg
b0104292_18453377.jpg
b0104292_1846376.jpg
…あれ、何かテンション上がってきた!負けモード楽しい!(笑)

Mモード頭部の方が元絵に似ていますし
可愛らしい度も高いので、いぢくっていても楽しい気がします。
…ただ単に、ボクにSっ気があるだけだったりして…(笑)。
SやらMやら、取り立ててどちらってコトはないと思っているんですけど…(笑)。

しまった!
b0104292_18574712.jpg
乳頭見えておった!

腰を動かすと一緒にボディアーマーも動いてしまうので、
おっぱいモロ出しになってしまうのがアレですが…と思ったのですが、
デザイン上 仕方ないトコロかもですねー。
ハッ!むしろ醍醐味かコレ!(笑)

ふと、背中側のアーマーも外せるコトに気が付きました。
b0104292_18551035.jpg
というコトで脱衣状態の背中。
b0104292_18544371.jpg
パンツ食い込んでるってレベルじゃねえぞ!

デコビーム!
b0104292_18495331.jpg
干渉を避けるための可動なんだとは思いますが、イマイチ使い所が判らないです…
b0104292_18533943.jpg
…あっ、むしろ、フェイス交換をし易くするための可動なんですね!これ!

付属品。リボコンテナとリボチップ。
b0104292_18434359.jpg
リボコンテナは小物…
あまったリボジョイントですとか交換用パーツですとか…を収納するためのモノです。
figmaに付属する、チャック付き袋の延長線上って感じですね。
リボ穴が開いているので、リボジョイントを差し込むことも可能ですぞ。

で、リボチップは、リボルバーポイントに替わる新たな還元システムで、
集めるコトで、各種景品と交換することができます。
…よーし、ミニ ミスターアッセンブルを目指して貯めるぞ…!(笑)



そんな感じでネオリボルテック クイーンズブレイド レイナですた。
最後に、適当な総評、雑感なんかを書いておきます。

このレイナにも、私が感じていたリボルテック特有の「遊び難さ」は健在でした。
何というか、軸の曲がる方向を調整するのがホネなんですよね。
女性キャラ(細身)なのに加えて、レイナにはヒラヒラした部分が多いので、
イライラ度も倍増って感じで…。
ただ、コレには多分に「慣れや」「コツ」の要素があって、
しばらく動かしていると、思い通りにポーズ付けできるようになってくるんですが…取っ付きの問題ですね。
事実 扱いに慣れてくると、かなり微妙なニュアンスのポージングもできるようになってきます。
ある意味、遊ぶ側にもセンスを求められるフィギュアなんですよね、リボルテック…。


リボルテックは元々、「ガシガシ動かして遊ぶ」というよりも、
「かっこいいポーズを決めて飾る」コトを優先している印象があります。
保持力、表現力を優先した、ある意味割り切った設計思想だとも言えるのですが、
一旦パーツを外して、ペンチなどでリボジョイントの向きを調整してから
またパーツをくっ付けてください…ってのは、
アクションフィギュアとしては やはり、「いびつ」だと言わざるを得ません。

また、肝心なリボジョイントの精度も、何だか落ちているように感じます。
b0104292_1854310.jpg
↑の写真のジョイントも、かなりグラグラです。

いやあ、「カチ」と「カチ」の間に変な遊びがあって
グラつく印象なんですよね…って、言いたい事伝わってますか?(笑)

加えて、女性キャラ=細身=必然的にリボジョイントも小さくなる…ってコトなので、
それゆえ、保持力が足りていないってのもあるかもしれません。
何せ、主要なジョイントの殆どが6mmジョイントなんですよ。
8mmジョイントも方は かなり信頼度が高いんですけどね~、
デカいから細い手足に仕込むのは難しいとは思うんですが…。
スペースに余裕があるので、流石にヒザは8mmジョイントになっています。
何とか足首、脚の付け根だけでも8mmにできなかったのかなあ、と思ってしまいます。
特に足首は致命的で、スタンドなしでは素立ちも困難だったりします。

扱いは難しいですが、脚付け根のジョイントを
目立たないようにしよう、という心意気は評価したいところです。
また、デザイン上仕方のない部分もあるんですが、
もうちょっと、腕を閉じられると良かったかなあ、と。

続いては、元絵の再現度について。
私は基本的に評価が甘めなのに加えて、元ネタに似ていなくとも、
それはそれとして纏まってればOKかなあと思っちゃう方なんですが、
やはり正直、フィギュアな人&QBファンの方からすると、
ちょっと厳しいデキなのかなーと。
実際、元絵の魅力に勝っているかと言うと…ううむ。
味わい深い造形ではあるんですけどね~。

まず頭部ですが、前述の通り あまり似てません。
昔から海洋堂は、原型師の個性を尊重していて、
元ネタに似せるコトに力点を置いてない傾向があって(笑)、
そこら辺figmaと対照的ですね。

似てる似てないは別として、Sモード、Mモードともに、
普通のフィギュアにあまりない表情なので、面白いなとは思います。
と言うか↑で色々と書いてはいますが、ボク的には結構満足しています。
ただちょっと、似てる似てない以前に、サイズが大きい気がするんですよね…。

しかし、SもMも結構なんですが、
普通の表情が付属してないってどうなんでしょうか…。

写真を撮っているときにも思ったのですが、素立ち状態でも鬼気迫った表情か
苦悶の表情(或いは感極まった表情w)しかなくて、どうにも座りが悪いです。
攻め/負けフェイスがひとつの売りでもあるとは言え、
曲がりなりにもおにゃのこフィギュアなんですから、
笑顔、真顔あたりのナチュラルなフェイスを付けてくれたらありがたかったのですが…。
そりゃまあ、折角のアクションフィギュアなので、
アクティブなポーズを付けてやるのが本道だとは思うのですが、素立ちさせるのが好きなもので…。

この「いびつさ」も含め 紛う方なき変態玩具だと思いました、ある意味(笑)。

ボディについては、元絵と比べると
むしろ むっちり度が足りないくらいだと思うんですが、
まあ、マスプロ可動フィギュアとしては妥当な落とし所なんじゃないかと思います。
ただ、OPPAIはもっと大きくてもイイ…!(ただの個人的趣味)

いや、それは冗談として(笑)、鎧の面積(幅)がもうちょっと狭い、
或いは胴体が少し太い方が良かったかなと思います。
バランス的に、正面から見た時、素肌がもうちょっと見えててイイと思うんで。

つーかむっちりと言うより、ずんぐりしちゃってる印象もあります。
もっとも、私の動かし方、魅せ方がヘタなだけの可能性もあるんですけど…。
b0104292_1856986.jpg
検証のために剥いてみました。他意はありません
素体状態だと、頭のデカさが際立ちます。逆に胴体は極端に細いような。
頭のほうが、胴体よりも直径デカい勢いですからね(笑)。
当たり前ですが、アーマー「込み」の状態を基本に作られているので、
コレはイレギュラーな、いぢわるなシチュエーションではあるんですけど…。
アーマー着用時だとそこまで違和感はありませんしね。「敢えて」ってコトでひとつ。

ずんぐりして見える理由を色々と考えたのですが、頭がデカ過ぎ…というより、
頭身(ディフォルメ率)のせいなんじゃないかな、って気がしてきました。

そもそも、大嶋センセの造形って「むちむち」よりも「ぷにぷに」なんですよね。
このレイナも、ぽよぽよしていて可愛らしくはあるんですが、
女性らしい肉感の下にある、戦士の筋肉をあまり感じないっつーか…。
そのクセ、あんな鬼気迫った顔をしているので、違和感があるのかもしれません。

…何を偉そうにって言うか、
何でココまで熱くなっているのかは自分でもよく判りません(笑)。
アレコレ言いつつも、魅力があるってコトなのかなあ。
結局、大嶋造形が好きで、期待してるからこそなんですよね。

つーことで、定価(2900円)を考えると厳しい部分もあるのかな、とは思いますが、
現状、クイーンズブレイドの可動フィギュアはコレだけなので、
そういった面では価値があるのかもしれません。

それに、対戦相手がいると、また評価も変わってくると思います。
戦わせたり、絡ませると(性的な意味で)すると楽しそうだぜ!

オマケ。箱のベロ部分にこんなアドバイスが…
b0104292_18425921.jpg
何か、こういう所が好きです(笑)。
[PR]

by wnpz | 2009-06-01 23:59 | 玩具全般
<< 第4回バイオニクル・コンベンシ... 無間地獄に足を踏み入れる >>