俺伝説ブログ支店 Ver.2.45@hibernation

Blog Top WNPZ BBS BBS II Linx

書いてる人。

これは果たしてブログと呼ぶのか、どうか?
By Shi-Shi/WNPZ

●つぶろぐかころぐ
2009年8月~
●タグ
(119)
(19)
(18)
(16)
(16)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
●その他のジャンル
●ブログジャンル
●画像一覧
●Contents
WNPZ
BBS
BBS II

Presented by



 ● パーツ雑感なぞを書いてみる

先日、タカヌーバとアタカスを購入した訳ですが。b0104292_22255924.jpg
ここ最近 ニクルの新製品からは遠ざかっていたので、
パーツの変遷などにも疎くなっていまして。

なので、タカヌーバもアタカスも、私にとっては馴染みのないパーツばかり入っていて
楽しかったので(笑)、適当に雑感などを書いてみましたよ~。




まずはタカヌーバのアボーキーから。
b0104292_22283215.jpg
ちょっと下膨れ感がありますが、結構 男前だと思います。
ただ、旧アボーキーがエッジ立ちまくりの超々男前だったので、
それと比べてしまうと、見劣りしていると言わざるを得ませんなァ…。

従来のカノイよりもだいぶ巨大なんで、(頭部としては)使いどころが難しそうですね。
逆に、装飾、アーマーとしては使い勝手が良いかもしれません。

スタッフ・オブ・ライトのブレード部分。ノコギリみたいでえげつないですね(笑)。
放電してるみたいな部分がイカしてるぜ。
b0104292_22263692.jpg
メトロ以降(?)、何かっつーとブレード状の成型パーツばかり増えて辟易としますが、
とはいえ、ブレード系は潰しが効きますし、
何だかんだ言っても純粋にカッチョイイですよね、剣は(笑)。

何とかランチャー(適当過ぎる)。
b0104292_22264786.jpg
コレ、意外と面白いパーツなんじゃないかなーと思います。
…いやまあ、具体的にどう使うか、ってなるとスグには思い付かないんですが…(笑)。

グロいアーマー。タカドックスのドタマでしたっけ?
b0104292_22265754.jpg
お手軽に成型パーツのみで、
エイリアンチックな頭部を作れるのは魅力的ではありますよね。

成型パーツ2種。
b0104292_2227619.jpg
後ろ側のパーツは何で初登場したモノなんですかね?
しかし、ううむ…十字穴を付けてくれれば…!(笑)

全然初見ではありませんが、オレニクル世代には堪らない定番パーツ。
b0104292_22271562.jpg
お世話になっております…(笑)。
おタカさんは、コレが沢山 入ってて、何だかテンション上がりますね~。
この適度な大きさ、接続穴の充実っぷり、
そしてディティールの按配が絶妙なんですよね~!

嬉し過ぎる貫通ボール&ホーディカ首。
b0104292_222846.jpg
これらのパーツは枯渇しがちなので、ハピラキでありますよ。

ツルっとTB受けが遂に我が家に!(遅)
b0104292_22272492.jpg
最近の製品ではこのタイプのTB受けしか使用されていないようですが、
強度アップのためなんでしょーかね?
でも、受けの部分に、エッジの効いた面取りが施されていて、
むしろ割れ易そうな気がするんですが…どうなんでしょ。

うおお、軸つなぎにまでツルっとVer.がッ!
b0104292_22275460.jpg
従来のディティール入りも捨て難いので、
モノによって使い分けて欲しいところですが…果たして。

最近のLEGOは、前年度の生産で余ったパーツやデッドストック?などを
次のセットで積極的に採用する傾向があるようで、
ノリック、イルイニなんかも、ノッチなし2軸が入ってるバージョンがあった気がします。


噂の三叉コネクター!
b0104292_22281327.jpg
何というか…ズルいパーツだよなあコレ…(笑)。
コンパクト最小構成で、120°接続を実現できるんだもんなあ~。
もっとメジャーになって、デジラさんとかでバラ売りされないかな~(笑)。

個人的 神パーツ。
b0104292_22282328.jpg
メトロ以降のインナーヘッド、後ろ方向への拡張性がないのが厳しかったところなので、
非常にありがたいパーツです。夢が広がるぜえ。



続いてアタカスのパーツを。
b0104292_22285195.jpg
アイアンマンっぽいインナーヘッドとヌキ模様がかっこいいマスクです。
このマスク、後ろに伸びた石器みたいな部分(笑)が独特で、
装飾に武器と、色々な使い道がありそうですね。
中身のドタマも、「頭部(顔)」としての意匠が薄めなので、汎用性が高そうに感じます。

ボディ。
b0104292_2229858.jpg
やはり、その一体成型っぷりにビックリしますねー。
でも接続穴も充実していますし、使いこなせたら面白そうなパーツです。

手足。
b0104292_22284362.jpg
胴体と並んで、その一体成型っぷりがスゴいパーツですが、
コレもまたペグ穴だけじゃなく、十字穴もあるのが高感度大ですな。

このパーツに限った話ではないんですが、旧来からあるパーツと、
デザインラインを合わせてあるのはありがたいし、嬉しいですね。
ブロック玩具なので、当たり前と言えば当たり前なコトなんですが…
いやほら、ヌーバの前例とかもありますから…(笑)。


噂のコブシ。
b0104292_2229019.jpg
私は「TB受けを手に見立てるよ世代(何ソレ)」なので、
こういったそのものズバリ!なパーツに対しては微妙な心境ではあるんですが…
何だかんだ言っても、コブシがあると一気に締まるんですよね、作品が。
それを手軽に実現できるパーツってのは、やはりありがたいですなァ。

いかにも有形ブロック的なパーツと見せかけて、
コブシ以外としても使えそうなデザインラインなのが、流石LEGOって感じですね!

武器。
b0104292_22291637.jpg
本来的な用途はよく判りませんが、剣にもスタビライザーにもウサミミにも(笑)、
何にでもなりそうな良いデザインのパーツですなァ。



そんな訳でパーツ雑感でございました。

いやーやはり、アタカスの一体成型っぷりは良くも悪くも衝撃的でしたねー(笑)。
成型パーツやボールジョイント的便利パーツが増えてはいても、
タカヌーバのような大型商品は相変わらずテクニック要素が強めではあったんですが、
若年層向け商品ほど、カタマリ感が上がっている感じがします。

これって、LEGOブロックの いちシリーズでありながらも、
キャラクター商品的側面があるからなんですよね、BIONICLEに。
いわば、「BIONICLEのアクションフィギュア」という面がある訳ですな。
日本に住んでいると、ニクルそのものの入手すらママならない有様なので気付き難いんですが、
アメリカでは小説にゲーム、アパレルグッズなどなど…が発売されていて、
(ブロックとしての)ニクルも、その中のいち商品(アクションフィギュア)と捉えるコトもできるんですよね。
勿論、ブロックとしてのニクルありきで、そこに軸足を置いているのは間違いないんですけれども。


なので、低年齢でも楽しめるようにパーツの一体化が進み、
アクションフィギュア的要素が強くなるのも、ゲーム的要素が付加されるのも、
ストーリー面やキャラクター性が重視されるのも間違ってないとは思います。
…そこら辺のプロモーションをマジメにやってくれなかったので、
日本のニクル界隈は歪な状況になっちゃってますけどね…(笑)。


とは言え、アナザーモデルや合体モデルが、
公式側で用意されていない(ですよね?)ってのはどうかな~、と思ったりもします。

キャラクター商品的方向、アクションフィギュア的方向に傾いていくのはイイんですが、
「組み替え自由なブロックである」という部分をウリにしないのは、
勿体ないんじゃないかなあ~と思うんですよね~。
LEGOだからこそできることをアピールした方がイイと思うんだけどな~。

元々、無限の可能性を秘めていて、何にでもなれるのがブロック玩具ではありますが、
しかし結局は、他の玩具でできることを追求しても、
その「本職」の玩具には勝てないんじゃないかなあ…なんて考えてしまいます。
逆に言えばアメリカでは、「BIONICLEのアクションフィギュア」として、
他玩具と戦えるほどの実力、人気があるってコトなのかもしれません。
それはそれでスンバラリアなことではありますねっ。


ここら辺の、キャラクター商品としてのBIONICLEについては
色々と思うところあるのですが、また別の機会にでも、深く突っ込んでみたいですねー。

とか言いつつ取り留めなく終わるッ。
[PR]

by wnpz | 2009-06-08 04:52 | 玩具全般
<< ニクルパーツ入れを見繕う。 ラクガキ共和国 >>